当文章の対応基準は2011年09月12日から適用させていただきます。

非公式RT ブロック対応基準

最近、botや自動処理らしき非公式RTが当アカウントのツイートに対して行われる事が増えています。
その為、要望等が呟かれていないかを確認する際に該当非公式RTの発言が多くmentionsを占有している為に作業が大変になっています。 そこで当アカウントでは特定の基準に到達したアカウントへのブロックを行います。
なお、通常の使い方での非公式RTに対しては基準に到達いたしませんのでご安心ください。

基準

  1. 手動で行われているコメント付き非公式RT(いわゆるQuoted Tweet)に関してはブロック対象としません。
  2. 自動で行われているらしき非公式RTの中でも特定のマグニチュード以上、もしくは特定の震度以上の情報のみを非公式RTしていると判断できる場合にはブロック対象としません。ただし、基準がある程度高いものに限ります。(推奨はマグニチュード4以上、震度3以上)
  3. 大半のツイートを非公式RTしているかと思われる場合には自動処理、手動にかかわらずブロック対象とする場合があります。
  4. 繰り返し非公式RTを行っているユーザがbotアカウントの場合にはブロック対象とします。

解除申請

ブロックされている場合、@arielaにブロック解除の依頼をお願いします。
ただし、繰り返し上記基準に適用された場合にはブロック解除をお断りすることがあります。

ブロックされないためには

  1. 公式RTを利用する。
  2. 非公式RTを行う情報の絞込を行う。

以上
2011年09月02日 @earthquake_jp